load

薬院法律事務所

児童福祉法違反で不起訴処分

2018年07月19日解決事例

<相談前>
管理売春の疑いをかけられ、接見禁止処分もなされていました。

 

<相談後>
家族間での接見禁止一部解除を申し立て、認められました。
捜査機関が自白をとろうとしてきたので、適宜本人の言い分を聞き取り、黙秘を勧めました。最終的に不起訴になりました。

 

<弁護士からのコメント>
難しい事件でした。最終的には彼の言い分と女の子の言い分の信用性が比べられ、彼の言い分が認められたと思います。

「被害を申告した女性はあえて嘘はつかない」。これは法曹界で広く信じられている神話であり、裁判では強力に働きます。しかし、積極的に嘘をつかずとも、警察の誘導で事件が作られていくこともあります。

なるべく不起訴を目指して、十分に言い分を裏付けられる事実を集め、捜査機関に虚偽自白をとられないようにすることが重要です。