load

薬院法律事務所

向井蘭「使用者側弁護士が教える65の書式例 書式と就業規則はこう使え」

2018年07月20日読書メモ

向井蘭「使用者側弁護士が教える65の書式例 書式と就業規則はこう使え」

「退職勧奨シナリオ」とか珍しい書式があります。著者が実際に事件で使用した書式ということです。中身も結構面白いです。使用者側弁護士としてどういう意識で書面を作ったのかということを書いていますので、参考になります。

例えば、書式43でいわゆる解雇撤回通知書と出社命令書の書式があります。職場復帰意思の固い場合、または法外な解決金を要求された場合に使用します、とのことです。

「多くの場合、解雇された従業員は職場に戻るつもりはありません。そのため、解雇を撤回し出社を命令しても出勤せず、欠勤を始めます。何度も出社するように命じます。そうこうするうちに労働審判が始まりました。
労働審判では裁判所から労働者側が「なぜ出勤しないのか」と厳しく指摘されます。会社にも「申し訳ないが少しでも解決金を払ってもらえないか」と裁判所が提案します。その結果、比較的低額の金額で合意退職が調停で成立します。
あまり普通の方法ではありませんが、やむを得ず時折このような方法もとります」

なかなか露骨というか・・・まあ労働側だと復職する気持ちはないけどバックペイ狙いで復職要求するというのがありますからね。

書式と就業規則はこう使え!