load

薬院法律事務所

少年の窃盗事件、観護措置の途中で釈放

2018年07月19日解決事例

<相談前>
少年が他の友人と一緒に窃盗をしたとのことで逮捕・勾留されました。
「このまま勾留が続くと専門学校を続けられない」ということでご相談されました。

 

<相談後>
被害者との間で示談交渉を進めました。
また、勾留決定に対しては準抗告をして取り消すように求め、検察官に対しては勾留延長をしないように申し入れ、家庭裁判所には鑑別所に入れないようにとそれぞれ申し入れをしました。

結局鑑別所に入れられたのですが、途中で観護措置取り消し決定がなされ、釈放となりました。学校を辞めることもなく、最終的には保護観察で終了しました。

 

<弁護士からのコメント>
頑張ったけれど、なかなか釈放してもらえない事件でした。しかし、ギリギリの所で、予想していなかった形での早期釈放が実現しました。粘り強く積み重ねをしていれば、そのこと自体が次のステップになるということを学びました。