load

薬院法律事務所

強盗致傷事件で不起訴処分

2018年07月19日解決事例

<相談前>
集団での恐喝事件です。暴力も振るっており、強盗致傷という形で立件されていました。
在宅捜査をされている段階だが、逮捕を避けたいとのことで相談がありました。

 

<相談後>
逮捕を免れる確実な方法はありませんでしたが、警察署に令状請求をしないように要望したり、裁判所に対して令状請求が来ても却下するように求めました(これは突き返されましたが)。

残念ながら逮捕されてしまいましたが、示談成立により不起訴となりました。

 

<弁護士からのコメント>
強盗致傷となれば、裁判員裁判となる重大事件です。
本人は恐喝のつもりでも、怪我をさせるようなことがあれば重大事件となることがあります。強盗致傷での起訴を避けつつ、不起訴にするために示談の努力をしました。

警察官の誘導で妙な自白を取られると危険です。かといって、単純に黙秘するのでは証拠隠滅のおそれありだとすぐに逮捕されてしまうし、勾留期間も長引く。ここが悩みどころでした。
逮捕を免れることが出来なかったのは残念でしたが、結果にはご満足頂けました。