load

薬院法律事務所

盗撮案件でスピード解決

2018年07月19日解決事例

<相談前>
早朝に、「昨夜盗撮をしてしまい、警察に通報された」というご相談がありました。

 

<相談後>
すぐに刑事事件として受任し、警察に自首をするため同行しました。
警察には「任意取り調べに積極的に応じる」と伝え、「被害者と示談交渉をしたい」と申し入れをしました。

すぐに被害者と連絡がとれ、当日示談が成立しました。
本人は取り調べを受けましたが、「被害届が出される前に示談が成立した」ため、処罰などはされずに終わりました。

 

<弁護士からのコメント>
盗撮事件については、なるべく早く対応することが重要です。
現行犯逮捕された場合には、勾留されないように検察官や裁判官と交渉する必要がありますし、逮捕されていない場合でも急ぎ対応すべきです。

私の経験では、ただちに動いた場合には被害者が被害届を出す前に示談が成立し、事件とならないことがあります。

タグ: ,