load

薬院法律事務所

集団準強姦・児童ポルノ製造で保護観察処分

2018年07月19日解決事例

<相談前>
集団準強姦については否認事件でした。

 

<相談後>
検察官関与事件となり、証人尋問が実施されました。

 

<弁護士からのコメント>
本人の更生、被害者の許しがあり、保護観察となりました。
少年事件は本人の犯罪の内容だけでなく、要保護性が重要になります。双方について十分な対応をした結果、保護観察という奇跡的な結果になりました。