load

薬院法律事務所

飲酒運転による事故(物損)で、早期の保釈

2018年07月19日解決事例

<相談前>
酒酔い運転で物損事故を起こしてしまい、逮捕されたという事件でした。
本人からの要請で、警察署で面会しました。

 

<相談後>
勾留請求自体を準抗告で争うことも考えましたが、通らなかった場合には勾留が長引くおそれがあったため、保釈請求を起訴後ただちに行うことにしました。起訴前に検察官と面談し、保釈請求をするので反対しないで欲しいと依頼しました。

残念ながら検察官からは反対意見が出されましたが、そのことも予測した上で保釈請求が出来ていたため、速やかに保釈が認められました。

 

<弁護士からのコメント>
福岡の場合、飲酒運転による事故については、基本的には罰金で済まずに正式裁判になっているようです。正式裁判の場合は、通常、保釈が認められない限り釈放されません。保釈にあたっては事前に十分な準備をしておくことが必要となります。