load

薬院法律事務所

飲酒運転による事故(物損)で勾留請求阻止

2018年07月19日解決事例

<相談前>
「一人暮らしの息子が飲酒運転で物損事故を起こし、逃亡しようとしたところを逮捕された」ということで、ご相談に来られました。

 

<相談後>
本人と接見しました。仕事の関係で早期に釈放してもらう必要があるとのことで、事実を認める内容の書面と、逃げたりしないという誓約書をその場で作成してもらいました。
そして、本人の親と一緒に検察官に面談を求め、事情を良く説明して、親が身元引受人になるということで勾留請求をしないように強く求めました。

結果、勾留請求はされずに、事件は執行猶予付きの判決となりました。

 

<弁護士からのコメント>
飲酒運転による事故で、その場から逃亡しようとした所を逮捕されているわけですから、勾留請求がされる可能性は高かったと思います。

しかし、逮捕直後にご依頼に来られたおかげで、本人が罪を認めており、逃げたりしないことを証拠として検察官に提出することが出来ました。その結果、どうにか勾留請求がされずに釈放されました。