load

薬院法律事務所

城祐一郎『盗犯捜査全書―理論と実務の詳解―』

2018年07月20日読書メモ

これ、ざっと見た感じですが、良書です。

公刊物未搭載の裁判例も多く取り上げていて、盗犯捜査で警察がどのように考えて行動するのか参考になります。クレプトマニア(窃盗癖)と責任能力の問題にも18ページも割いていたり、最新の問題にも対応しています。

また、例えば、置き引き犯を捕まえるためにわざとベンチにバッグを置いて、そこで犯人が手を出したところを捕まえた、といった場合は「結論として違法なおとり捜査に該当する」としています(610頁)。単なる警察の擁護本でなく、参考になりそうです。逆にこれでも違法といえるなら、使えるのではと。学者の本や論文もしばしば引用されています。

GPS捜査を適法としているのはまあ平成28年3月という発刊時期的にやむを得ないでしょう。

http://tachibanashobo.co.jp/products/detail.php?product_id=3288