load

薬院法律事務所

刑事弁護

未成年との性行為はなぜ処罰されるのか(青少年健全育成条例・淫行)


2024年02月12日刑事弁護

以前、17歳の高校生と性行為をした青少年健全育成条例違反の依頼者と話をしていて、「なんで、相手も喜んでいたのに処罰されるのか。18歳と17歳のどこが違うのか。」といったことを言われまして「確かにそうだよね…」ということであれこれ考えたことがあります。で、その時はその依頼者は他にも同様の行為をしていたので「その相手が10年後、20年後、あなたと性行為をしたことを良かったと思うかな?」という回答で本人は納得したのですが、今考えるとこういうことかなと思います。

 

そもそも、未成年、成年問わず「相手の人格と人生に対する敬意を欠いた行動」って相手を傷つけるのですよね。そのような行為のうち、類型的に「相手の人格と人生に対する敬意を欠いた行動」といえるものを取り出して処罰しているのが青少年健全育成条例だと思います(だからいわゆる「真剣交際」が除かれる)。18歳となればそうならないわけではなく、法律としての都合上、処罰対象外としているだけです(そこの脆弱性を突いたのがホストクラブ問題だと考えます)。後記の最高裁判例の判示をわかりやすくいうとそういうことだと思います。

 

ここのところの風潮だと、「とにかく未成年に欲情するのが異常者なんだ」ということで抑制しようとしていますが、人間の体は未成年か否かという法律の都合に合わせて作られていませんので、このやり方には欺瞞がありますし、無理があると思います。「私は未成年には絶対に欲情しないんだ」という人がいれば、むしろそれは大嘘つきですので気をつけた方がいいです。人間の体は、17歳11月と18歳とを区別できるようにはできていません。また、18歳になれば「自己責任」と割り切れるものではないでしょう。それを考えると、むしろ、「相手の人格と人生に対する敬意を払え」ということを言っていくべきではないかと考えています。そこの本質が忘れられて「相手が未成年か否か」に注目していると、「相手の人格と人生に対する敬意を欠いた行動」が問題であるということがごまかされていくのではないでしょうか。ホストクラブ問題で女性を「自己責任」と切り捨てるような議論は、こういう「年齢」で線引きする発想の弊害だろうと思います。「未成年と性交してはいけない」と強調する男性には、「成年の女性との性行為について、女性に生じる苦痛を「自己責任」として切り捨てたい」という欲望が隠れているのではないかと感じることもあります。

 

「相手の人格と人生に対する敬意」があれば、現代の日本社会において、大人が未成年と性行為をしよう、という結論にはならないと思うのです。いくら未成年が望んでいても、「まだ住んでいる世界が狭いから私のことを好きになっているだけかもしれない」と考えたり、「【性交の相手方が処罰されるかもしれない】という心配を負わせたくない」と考えるのではないかと思います。50歳と14歳が恋愛をすることはありえますが、現代の日本社会において、50歳が14歳と性行為をするのは相手への敬意を欠いた行動ということで処罰をもって抑制しないといけない、と。

 

私の感覚では「なんで18歳まで待てないのかな?」ということがあったのですが、「大人になったら離れていってしまうんじゃないか」という恐怖心があったりとか、そもそも相手の人格と人生に敬意を払っていないということがあるのかなあと考えています。「相手が18歳になったら嫌いになるの?」ということです。

 

https://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=50269

事件番号
 昭和57(あ)621
事件名
 福岡県青少年保護育成条例違反
裁判年月日
 昭和60年10月23日
法廷名
 最高裁判所大法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 刑集 第39巻6号413頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和57年3月29日
判示事項
 一 福岡県青少年保護育成条例一〇条一項、一六条一項の規定と憲法三一条
二 福岡県青少年保護育成条例一〇条一項の規定にいう「淫行」の意義
裁判要旨
 一 一八歳未満の青少年に対する「淫行」を禁止処罰する福岡県青少年保護育成条例一〇条一項、一六条一項の規定は、憲法三一条に違反しない。
二 福岡県青少年保護育成条例一〇条一項の規定にいう「淫行」とは、青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つているとしか認められないような性交又は性交類似行為をいうものと解すべきである。
参照法条
 福岡県青少年保護育成条例10条1項、16条1項,憲法31条

本条例一〇条一項、一六条一項の規定(以下、両者を併せて「本件各規定」という。)の趣旨は、一般に青少年が、その心身の未成熟や発育程度の不均衡から、精神的に未だ十分に安定していないため、性行為等によつて精神的な痛手を受け易く、また、その痛手からの回復が困難となりがちである等の事情にかんがみ、青少年の健全な育成を図るため、青少年を対象としてなされる性行為等のうち、その育成を阻害するおそれのあるものとして社会通念上非難を受けるべき性質のものを禁止することとしたものであることが明らかであつて、右のような本件各規定の趣旨及びその文理等に徴すると、本条例一〇条一項の規定にいう「淫行」とは、広く青少年に対する性行為一般をいうものと解すべきではなく、青少年を誘惑し、威迫し、欺罔し又は困惑させる等その心身の未成熟に乗じた不当な手段により行う性交又は性交類似行為のほか、青少年を単に自己の性的欲望を満足させるための対象として扱つているとしか認められないような性交又は性交類似行為をいうものと解するのが相当である。