load

薬院法律事務所

盗撮事件で名前を出さずに示談成立、不起訴

2018年07月19日解決事例

<相談前>
「盗撮をしてしまい、在宅で捜査中」ということでご相談に来られました。
被害者と示談をしたいが、名前を知られたらSNSなどで拡散されるのではと恐れていました。

 

<相談後>
刑事事件として受任。早速示談交渉をして、被害者と面会しました。示談書案は作成していましたが、依頼者の名前の上に付箋をはる形で示談書を取り交わしました。

なお、示談にあたっては、被害者の名前は依頼者には伝えません。正式な裁判にならない限り、知る必要もないことです。
初犯だったため、無事に不起訴となりました。

 

<弁護士からのコメント>
盗撮事件を起こした場合、みなさん「名前が拡散されるのでは」という恐怖を持たれています。被害者の意向次第ですが、示談書を作成する際に工夫することで名前を知られないままで済むことがあります。

警察から「知り合いかどうか」ということで名前を伝えられることもあるようですが、そうでない場合には応じて頂けることがあります。

タグ: ,