load

薬院法律事務所

刑事弁護

電車内でわい談することは痴漢行為になるか


2022年07月02日読書メモ

結論として、なることがあります。

警視庁生活安全特別捜査隊『公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例の実務と解説(略称「迷惑防止条例」)』(警視庁,1995年3月)78頁
【電車内でわい談をした場合の刑責
(問)会社員甲乙は、飲酒のうえ、山手線に乗車したところ、車内に若い女性が多数乗車していたので、いたずら心がおき、付近の若い女性に聞こえる声でわい談をはじめた。このため、付近にいた女性は著しくしゅう恥して場所を移動したり、次の駅で降りる者がいた。甲乙の行為は、迷惑防止条例(卑わい行為)違反が成立するか。
答)成立する。
いわゆる、わい談が「わいせつ行為」に当たるか否かについては、積極、消極の両説があるが、いずれが通説であるか定かでない。(ポケット注釈全書・有斐閣)
判例では、わいせつであるかどうかの判断について、「性に関する道徳律や倫理観の歴史的推移過程を考察し、現時における正しい社会通念を見出し、これを標準とし、客観的にわいせつの判断を下さなければならない。」(大阪高判昭二五・六・二○)としているところから、現在の性秩序に対する、社会通念上、いわゆる「わい談」が、刑法上のわいせつ行為に当たると断じがたい。しかしながら、消極説論者の中には、「わいせつの言語そのものは、わいせつ行為ではないが、その言語が、それを表現する他の動作を伴うときは、全体として、わいせつ行為と認められる場合があろう。」 (江家・全書各論・P一七二)と弾力的な見解を示す者もみられ、個々具体的事案によっては、公然わいせつ罪の成立を肯認する場合もある。例えば、男女の声色を使い、あるいは奇声を発する等により、男女間のわいせつ行為ないし性交が連想されるような、一種の演技ともみられるこの場合は、わい談の程度を超えたものとして、公然わいせつ罪が成立する余地があると解される(警視庁刑事部発行・実務刑法(上)恥一五・P三七八)。これら判例等から考察すると、甲乙は、単なるわい談をしたのみで、わいせつ行為に当たらず、卑わいな言語を発したことによって、本条例違反の刑責を負う。なお、本条例の卑わい行為とめい規法が競合したときは、観念的競合と解され、刑の重い本条例を適用することとされている。】

同書では、飯場の二階から道路を通行中の女性に卑わいな言葉を掛けた者、喫茶店のカウンター内に居るウエイトレスに卑わいな言動をした者、自由に出入りができるマンションのエレベーター内で婦女のスカートをまくった者、業中の店舗内で女店員のスカートをまくり上げた者、電車の中で婦女のスカートのチャックをはずした者、画館の暗がりで隣席の女子にいたずらをした者、女子学生の鞄の中にコンドームをひそかに差入れた者、婦女のスカートの下からのぞく者、歩行中の幼女のスカートを他の婦女の面前で持ち上げた者、電車内において、隠しカメラで女性の股間を撮影した者、女性の胸に触ろうとしたが、女性に逃げられ、目的を遂げることが出来なかった者、ズボンの中で手淫をした者などにつき、迷惑防止条例違反が成立するとしています。程度問題で一概に判断できないですが、一般に思われているより広い範囲で立件されています。

この書籍発行後に最高裁が北海道の迷惑防止条例について判断したものがありますが、そこでは卑わいな言動の意義について次の通り判断されています。

裁判例結果詳細 | 裁判所 – Courts in Japan

事件番号
平成19(あ)1961

事件名
公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例違反被告事件

裁判年月日
平成20年11月10日

法廷名
最高裁判所第三小法廷

裁判種別
決定

結果
棄却

判例集等巻・号・頁
刑集 第62巻10号2853頁

原審裁判所名
札幌高等裁判所

原審事件番号
平成19(う)73

原審裁判年月日
平成19年9月25日

判示事項
1 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(昭和40年北海道条例第34号)2条の2第1項4号にいう「卑わいな言動」の意義
2 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(昭和40年北海道条例第34号)2条の2第1項4号の「卑わいな言動」の要件は不明確か
3 ズボンを着用した女性の臀部を撮影した行為が,被害者を著しくしゅう恥させ,被害者に不安を覚えさせるような卑わいな言動に当たるとされた事例

裁判要旨
1 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(昭和40年北海道条例第34号)2条の2第1項4号にいう「卑わいな言動」とは,社会通念上,性的道義観念に反する下品でみだらな言語又は動作をいう。
2 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(昭和40年北海道条例第34号)2条の2第1項4号の「卑わいな言動」は,同条1項柱書きの「公共の場所又は公共の乗物にいる者に対し,正当な理由がないのに,著しくしゅう恥させ,又は不安を覚えさせるような」と相まって,日常用語としてこれを合理的に解釈することが可能であり,不明確ではない。
3 ショッピングセンターにおいて女性客の後ろを執ように付けねらい,デジタルカメラ機能付きの携帯電話でズボンを着用した同女の臀部を近い距離から多数回撮影した本件行為(判文参照)は,被害者を著しくしゅう恥させ,被害者に不安を覚えさせるような卑わいな言動に当たる。
(3につき反対意見がある。)

参照法条
(1〜3につき) 公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(昭和40年北海道条例第34号)2条の2第1項,公衆に著しく迷惑をかける暴力的不良行為等の防止に関する条例(昭和40年北海道条例第34号)10条1項 (2につき) 憲法31条,憲法39条

この最高裁判例に照らして考えても、電車内でわい談することは痴漢行為に当たりえるというべきでしょう。