load

薬院法律事務所

刑事弁護

飲酒検知拒否罪(呼気検査拒否)による逮捕


2024年01月16日読書メモ

いまだに、飲酒検知を拒否して逮捕される事例があるようです。飲酒運転は、運転者にとっても、周囲の人間にとっても非常に危険な行為ですので絶対にやめましょう。飲酒検知を拒否し続ければ酒気帯び運転での検挙から逃げられると思っている人もいますが、警察はそんなに甘くないです。また、警察に発見されて停車してから「重ね飲み」することで飲酒運転の事実をごまかそうとするやり方についても、警察は対策しています。

道路交通法

(酒気帯び運転等の禁止)
第六十五条 何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

(危険防止の措置)
第六十七条 警察官は、車両等の運転者が第六十四条第一項、第六十五条第一項、第六十六条、第七十一条の四第四項から第七項まで又は第八十五条第五項から第七項(第二号を除く。)までの規定に違反して車両等を運転していると認めるときは、当該車両等を停止させ、及び当該車両等の運転者に対し、第九十二条第一項の運転免許証又は第百七条の二の国際運転免許証若しくは外国運転免許証の提示を求めることができる。
3 車両等に乗車し、又は乗車しようとしている者が第六十五条第一項の規定に違反して車両等を運転するおそれがあると認められるときは、警察官は、次項の規定による措置に関し、その者が身体に保有しているアルコールの程度について調査するため、政令で定めるところにより、その者の呼気の検査をすることができる。

 

KOSUZO KANAGAWA 2023年12月号神奈川SA&論文直前対策 161頁

【飲酒検知を拒否し、又は妨げた場合であっても、直ちに現行犯逮捕することは任意捜査の原則から妥当性を欠くので、被疑者に対して、「顔色や酒臭等から飲酒運転が外観上明白である」「呼気検査に応じない場合は、飲酒検知拒否罪になる」等について理解できる程度の説得は必要であり、それでもなお検査に応じない場合は、飲酒検知拒否の事実で逮捕することを明確に告げた上で、現行犯逮捕する。】

Top2023年3月号付録『論文キーポイント集2023』(教育システム,2023年2月) 506頁

【A警察署の交通課長は、B交番のC巡査部長から「交番勤務員3名で飲酒検問中、停止した車両の運転者甲から酒臭がするので甲に対し飲酒検知をしようとしたところ、甲はいきなりカップ酒を取り出し、その場で飲んでしまいました。どのように措置すべきですか」との連絡を受けた。交通課長としての対応について述べなさい。】

507頁

【人身交通事故の現場において重ね飲みをした場合は、自動車運転死傷行為等処罰法4条の過失運転致死傷アルコール等影響発覚免脱罪の適用について検討する。】