load

薬院法律事務所

刑事弁護

「他人の後ろ姿を盗撮して交番に連れて行かれたけど、データを消して、厳重注意されただけで帰された」という相談


2022年08月08日読書メモ

良くある相談ですので、私の見解を書きます。

但し地域によって異なる取扱いがあることも想定されますので、あくまで参考意見としてご覧ください。

まず、着衣の上からの盗撮については、一定の場合は迷惑行為防止条例違反になります。

 

着衣の上からの無断撮影も盗撮か?

もっとも、これにあたらない場合でも、望ましい行為とはいえません。肖像権侵害の問題も生じます。

そこで、警察官としては、警察法に基づき指導・警告を行うことになります。

標題の相談については、上記の取扱いがなされたものと思われます。

地域実務研究会編『地域警察官のための初期捜査活動』(立花書房,2005年8月)124頁

【ウ相手方に対する指導・警告又は説得
相談時点では刑罰法令に触れないが,将来,相談者等に危害が生じるおそれがあると認められる場合には,相談者等の意向を踏まえ,相手方に対する指導・警告又は説得を行う。この場合,原則として,相談者等の要請がある場合に,警察法に規定されている「犯罪の予防」という目的を達成するために指導・警告又は説得活動(相談者等の同意を得て住居内に立ち入ることを含む。) を実施すること。】

※状況に急迫性があれば、警職法5条、6条に従い立ち入り等の措置が行われることもあります。

この相談記録は警察に残されますが、いわゆる「前歴」や「前科」になるものではないです。

https://www.gov-online.go.jp/useful/article/201309/3.html

【また、寄せられた相談に対しては、相談内容に応じて関係する部署が連携して対応し、指導、助言、相手方への警告、検挙等、相談者の不安等を解消するために必要な措置を講じています。】

 

※なお、盗撮行為については「条件反射制御法」で訓練をすることが再犯防止に役立つと考えています。

進化のメカニズムに従って悪い習慣の条件反射を抑える

やめたいのにやめられない 悪い習慣をやめる技術

小早川 明子 著/平井 愼二 監修

https://www.forestpub.co.jp/author/kobayakawa/book/B-1945

ヒトの行動原理を根本から見直し、やめられる方法を解説!
本書で紹介している【条件反射制御法】は
一言で言えば、望まない「癖」や「習慣」を
やめるための技法です。

もともとは薬物などの物質使用障害
(過剰な摂取反復)のために開発されました。

病院では薬物以外に病的窃盗、病的賭博、
性嗜好障害(いわゆる痴漢や覗きなど)、
PTSD(心的外傷後ストレス障害)の疾患にも
高い効果を発揮しています。

本書では、【条件反射制御法】を応用して、
「スマホ」「タバコ」「甘いもの」「うっかりミス」
「先延ばし」「あがり症」など、
日常的な癖や習慣の克服法がわかります。

対人関係で悩む人、過去の思い出に苦しむ人、
すぐキレるなどの「癖」や「習慣」で自縄自縛になり
人生を苦しいものにしている人にも効果的です。

カウンセリングやセラピーとは異なる次元の手法です!