load

薬院法律事務所

刑事弁護

任意同行の手順


2021年09月12日読書メモ

良くある質問のひとつです。

「任意同行ってどんな感じですか」。

 

実はこれ、刑事訴訟法と犯罪捜査規範にあるのです。逮捕状が発付されていても、誤認逮捕防止のためまずは任意同行というのもあります。

 

刑事訴訟法

第百九十八条 検察官、検察事務官又は司法警察職員は、犯罪の捜査をするについて必要があるときは、被疑者の出頭を求め、これを取り調べることができる。但し、被疑者は、逮捕又は勾留されている場合を除いては、出頭を拒み、又は出頭後、何時でも退去することができる。

 

犯罪捜査規範

(任意出頭) 第百二条 捜査のため、被疑者その他の関係者に対して任意出頭を求めるには、電話、呼出状(別記様式第七号)の送付その他適当な方法により、出頭すべき日時、場所、用件その他必要な事項を呼出人に確実に伝達しなければならない。この場合において、被疑者又は重要な参考人の任意出頭については、警察本部長又は警察署長に報告して、その指揮を受けなければならない。

2 被疑者その他の関係者に対して任意出頭を求める場合には、呼出簿(別記様式第八号)に所要事項を記載して、その処理の経過を明らかにしておかなければならない。

 

良く、「朝にくる」といわれますが、それは在宅率が高いことと、任意性の確保というふたつの理由があります。

 

九州管区警察学校『部内用 捜査手続の手引』(東京法令出版,2018年2月)18頁

【4任意同行の適否の具体的判断基準
(1) 同行を求める時間帯
○早朝・深夜は、任意同行という形がとられていても 、通常人に強い抵抗を感じさせるような時間帯であれば、特別な事情がない限り任意性が否定されるおそれがある。
○早朝・深夜の時間的範囲は、季節的条件、被疑者の生活実態等によって異なるが、概ね午後10時頃から午前7時頃までである。
(2) 用件、行き先等の告知
被疑者の自発的意思を担保する意味で、同行の要件、行き先等の必要な範囲の告知は必要である。
ア告知の範囲
被疑事実の要旨を告げる必要はなく、 「○○の件で聞きたいので、○○署まで来てください。」
の程度でよい。
イ告知の時期
その場で告知することが本人にとって不利その他の理由で適当でないという場合を除き、原則として、同行を求める際に行わなければならない。】

 

あえて私服でくるとか、警察車両を使わないといった配慮もされているようです。