load

薬院法律事務所

刑事弁護

性犯罪をする人の心理について(私見)


2024年01月14日読書メモ

刑事弁護をされる方向けの記事です。

 

性犯罪事件の刑事弁護について、私が色々な方を見て感じた、性犯罪をする人の心理的傾向と、再犯防止のための対策を書いてみます。もちろん、あくまで、私が乏しい経験を基に考えたもので、これこそが絶対の真実というものでもありません。性加害者の更生支援に取り組むにあたって、私が悩みながらいろいろ考えたことがヒントになるかも、という思いで書いています。不愉快に感じられる方もいる内容と思いますが、ご容赦ください。公的な分析としては、末尾にある法務省の研究部報告が参考になると思います。

 

まずもっとも強調したいことですが、性犯罪は、本当に悲惨な結果をもたらします。被害者に深い精神的・肉体的打撃を与えます。性加害が与える打撃の大きさについては、近年ようやく目を向けられるようになったのですが、本人の人生に大きな影響を与えます。そして苦痛は、被害者本人だけに留まりません。被害者家族にも、加害者家族にも、関係者にも…そして、加害者本人にも刑罰や社会的制裁、罪悪感などの深い苦痛をもたらします。それなのに、特に盗撮事件においては、加害者は盗撮が唯一の「救い」になっていて、繰り返してしまいます。それでますます傷が広がります。さらに、これは、刑事弁護人がいうことかと思われるでしょうが、刑事裁判という制度も、えげつないと思うことがあります。第三者が傍聴できる公開の法廷で行われるということもそうですし(憲法上やむを得ないのですが)、証人尋問という制度が本当に性犯罪被害者の供述の吟味に適切な制度なのかと思うことがあります。弁護人からいえば、証人尋問をせざるを得なくなるのは、捜査段階できちんと捜査官が供述を吟味できておらず、裏付け捜査とか被害者や関係者の証言の真実性を担保できていないことが原因だったりするので、弁護人が責められるのは筋違いということもありますが…

 

なので、私としては性犯罪が起きなくなることを願っています。より正確にいえば、性犯罪とされていないセクシャル・ハラスメントなどの性加害も含めてなくなることを望んでいます。また、エホバの証人2世問題で表面化した「性欲の否定・矯正」も性加害ですので、これもなくなって欲しいと願っています。そのためには、加害者が、性犯罪ないし性加害となる行動を、何故してしまうのか?を突き詰めていくことが大事だと考えています。再犯防止だけではなく、将来の加害者・被害者を出さないためにです。

 

現代日本においては、性犯罪に対して一定の刑罰と社会的制裁があり、かつ、性欲の発散を手助けする様々なポルノや風俗産業があります。その状況下で、あえて「性犯罪となる性行動」を選択してしまう人たちには、やはりそれなりに理由があると思っています。しかし、私が色々な文献を見る限り、再犯防止手法は、認知行動療法など「ブレーキ」を再構築することに向けられていることが多く、なぜそもそもそのような性行動を望むのかという「アクセル」については十分に論じられていないように思います。性犯罪となる性行動を、加害者が何故してしまったかということは、ブレーキの問題にされがちなのですが、そもそものアクセルがどこにあったのか、を本人を責めずに向き合わないと、本人も気づけないし(「悪い欲望だ」と責められるので、ひたすら「謝り」、自分の欲望の存在を押し込めて否定する)、再犯も防止できないと思っています。例えば、男ならみんな下着を盗撮したいんだとか、痴漢したいんだとか思いこんでいる人もいますが、そんなことはありません。実際のところ、相手が傷つくからとか、倫理的に問題があるからといった話以前に、興味がわかないのが大多数です。再犯を防止できれば新たな被害発生は防げますし、今はまだ発覚していない加害者がその話を聞いてやめるかもしれません。あるいは子育てのヒントになるかもしれない、そう思っています。

 

なお、繰り返しになりますが、あくまで私が乏しい事例をもとに考えた意見なので、これがすべて正しいというわけではないです。そして、実際の事案では色々な要素がありますので、対話を繰り返して一緒に考えています。あくまで、「執務の参考に」というものととらえてください。

 

1.下着盗撮事件

下着の撮影ばかりにこだわる人。二パターンあり、周囲、特に女性に気を遣う「よい子」であるパターンと、おそらくASD傾向があり限局的関心が下着に向かっている人がいます。「よい子」のパターンの場合は女性の人格に対する恐怖心が根底にあり、周囲の女性から「支配」されている傾向があります。本人の恐怖心と性欲、愛着などが混じりあって下着盗撮に駆り立てられているので、そこを解きほぐさないといけません。盗撮行為を通じて、傷ついた自己肯定感・自己効力感を回復しているところがあると思われます。後ろ姿の盗撮もしているパターンが多く、その背景には「女性の目」を怖がっているところがあります。『「よい子」でなければ社会から排除されてしまう』という恐怖心をどうやわらげるかがカギになります。その恐怖心が社会的成功とつながっているパターンもあるので、長所と短所が同じコインの裏表であることも説明します。常習化している場合は「条件反射制御法」も併用します(個人情報を知られることをおそれて医療機関につながらない人もいるので「やめたいのにやめられない悪い習慣をやめる技術」を渡すこともあります)。

 

下記文献にあるように、刑務所における性犯罪者処遇プログラムが、迷惑防止条例違反の再犯防止に効果をあげていないのも、彼らの抱える問題が「認知のゆがみ」ではなく、「女性への恐怖心」だからだと思っています。なお、迷惑防止条例違反のうち電車内痴漢事件は、弁護を担当したことがないのでコメントを控えます。

 

※越智啓太・桐生正幸『テキスト 司法・犯罪心理学』(北大路書房,2017年7月)111頁

【刑務所における性犯罪者処遇プログラムの効果:性犯罪者処遇プログラムの実施を開始した2006年から2012年にいたるまで, 5年間の再犯率追跡調査を行なっている。計2,147名(プログラム受講群: 1,198名,非受講群:949名) をサンプルとして, 3年後の推定再犯率を生存分析(カプラン・マイヤー推定法) した結果.性犯罪以外の再犯も含む再犯率は,受講群が21.9%・非受講群が29.6%であり, プログラムの効果が実証された。強姦事犯者の性犯罪以外の再犯を含む再犯率は,受講群が11.9%,非受講群が19.4%であり,効果が実証されている。一方,性犯罪の再犯率は,受講群が128%,非受講群が154%, 強制わいせつ事犯者の性犯罪以外の再犯も含む再犯率は,受講群が22.6%,非受講群が27.9%であり,受講群のほうが非受講群よりも再犯率が低かったが,統計学的な有意差はみられなかった。また,迷惑防止条例違反者の性犯罪以外の再犯も含む再犯率は,受講群が60.0%,非受講群が51.7%となっており,統計的に有意ではなかったが,受講群のほうが非受講群よりも再犯率が高かった結果となっている。
全般的にみると,性犯罪者処遇プログラムは, 反社会的態度を低減する効果があると考えられ,特に強姦犯など暴力性の程度が高い群には比較的効果が高いと考えられる。しかし, 強制わいせつや迷惑防止条例違反など,比較的暴力性の程度が低いまたは中程度の対象のうち,性犯罪がアディクション(嗜癖)となっている人に対しては,効果が薄いか,逆効果になっている可能性があると考えられ,今後改善の余地があることを示している。また,北米の結果と比較すると,我が国におけるプログラムによる再犯率低減率は約7.5%となっている。単純には言えないが,我が国におけるプログラムは,北米と比べて受講期間が3分の1程度と少なくシステムが違っていることが,再犯率低減効果の違いとなって現れているのかもしれない。】

(※2006年から2012年の頃は2と3は迷惑防止条例では取り締まられていない地域がほとんどであったため、上記での服役者は、痴漢と下着盗撮犯が主要を占めていると考えられます)

※参考

マンガでわかる 愛着障害
自分を知り、幸せになるためのレッスン

https://www.kobunsha.com/shelf/book/isbn/9784334951283

やめたいのにやめられない 悪い習慣をやめる技術

https://www.forestpub.co.jp/author/kobayakawa/book/B-1945

 

2.着替え盗撮事件

着替えの撮影ばかりにこだわる人。1と似ていますが、「相手が脱いでくれた=性行為に応じてくれた」あるいは「相手が自分に気づかず脱いでいる=性行為に応じさせた」と誤認することで安心して興奮していると思われます。女性の人格に対する恐怖心は薄い人もいます。トイレ盗撮や温泉などでの盗撮をする人も似たパターンと思われます。再犯防止対策は基本的に1と同じですが、女性への復讐心を持っているパターンもあります。いずれにしても、「その行為のどこに興奮しているのか」という自己分析が不可欠だと思っています。なお、もちろん、盗撮の被害者は女性と限られているわけではなく、男性が盗撮被害に遭っているパターンもあります。

 

3.性交姿態盗撮事件

1と2と違い、女性の人格一般に対する恐怖心はあまりないことが多いです。心理的には、不同意性交事件を起こす人に近いと思います。性風俗産業を利用する客に多く、「「普通の女性」にはしてはダメだが、風俗嬢は軽く扱ってよい」という考えをもっている傾向があります。ごく自然に「女性」を馬鹿にしていて「尊重すべき女性(妻や娘など)」と、「尊重しなくてよい女性(風俗嬢など)」がいると考えています。「金を払ったんだからいいだろう」と考えていますが、金を払って許されたのは性的サービスに過ぎないということ、処罰や反社からつけ込まれる危険があることを理解してもらう必要があります。また「風俗嬢だから撮影されても傷つかない」という意識を持っている人にはそれは違うということを説明します。交際女性に対して行っているパターンもありますが、それは「彼女だからいいだろう」と考えているパターンや、彼女に対する「復讐」で行っているパターンがあり、本人を見極める必要があります。おそらく、いわゆる認知行動療法の有効性が高いタイプです。

 

4.公然わいせつ事件

公然わいせつといってもいろいろあり、不倫事件でホテルでなく車の中で性交したのがバレたといったパターンは、不倫事件の心理の話になります。道端で意図的に露出をするパターンは、自分自身の肉体的な性的な魅力の乏しさ(と本人が思い込んでいる)、自己肯定感の低さなどを、「相手の女性がびっくりする、嫌がる」といったことを通じて回復しようとしていると思われます。女性の場合は「配信」などで賞賛されることで満足します。知的障害や精神障害などが絡んでいると思われるパターンもあります。性的魅力は環境、時代によって変動するものであることや、性的魅力が乏しいことは自己否定する内容でないことなど、思考の枠組みを変えることを提案します。

 

5.不同意性交事件

不同意性交にもいろいろあります。昏睡した相手に手を出すパターンは1と心理的な共通性があり、相手の人格に対する恐怖心があります。一方で、暴力や脅迫など「相手に苦痛を与える手法」で相手の人格を抑圧して性交をする人は、サイコパスで相手の苦痛を感じないので、最も効率的に、リスクがなく性交できる手法を選択しているパターンと、相手の感情を読み取る能力が低く、相手の「拒否」をきちんと受け止められていないパターン、虐待を受けて育ち「暴力」で相手を支配しないと不安で性交できない(あるいは暴力を振るう側に立つことで自己肯定感を取り戻している)パターンなどがあります。
サイコパスのパターンは、昔は深夜に路上で襲うという手法が多かったと思いますが、防犯カメラの普及により、マッチングアプリで知り合った相手を狙うといったより犯罪として処罰されにくい手法を選択しています。このタイプは、魅力的に振舞えることが多いので、一見そんなことをするように見えなかったと言われたり、再犯防止のための「治療者」に対しても彼ら・彼女らが望むような姿を見せて振舞うことができるので、治療者に「好感」を持たれることすらあります(実際に彼らのしたことはすさまじい犯行でも、彼らは「模範的」と好まれ、「盗撮犯」などの方が嫌悪されることもある)。情動的共感性が乏しいので、「倫理」や「罪悪感」アプローチは意味がありません。「天網恢恢疎にして漏らさず」ということ、繰り返しても人生が好転しないことなどを理屈で理解してもらう必要がありますが…まあそれ以上のことは私にはできません。彼らは私のようなタイプを嫌うので(騙しにくいと感じるからでしょう)、あまり相談に来ません。

なお、サイコパスは、より効率的に、リスクなく性交をするために「フェミニスト」を装ったり、社会的弱者とされる女性を「支援」する立場にたとうとすることもあるようです。そのタイプには、シンプルな罪と罰、誤魔化しがきかない体制を作ることで、「支配」して性交する手法がこの社会では難しくなっている、不特定多数との「性交」はリスクが高いと考えてもらうしかないと考えています。

あと、現状では不同意性交とされにくいですが、職場で上司が部下と不倫するパターンもあります。セクハラ規制が厳しくなってきたことで減りつつあると思いますが、代わりにフリーランスの人に性行為に応じさせるパターンもあります。もちろん、学校などの閉鎖的な職場においては、立場を利用したセクシャルハラスメントはまだまだ多いようです。こういう場合は、表面上「同意」があるので問題が深刻になります。実際には「強いられた同意」なのですが、「同意」を表明したということで被害者の心を縛る。この「強いられた同意」についてはDV問題に関する知見が蓄積されてきていますので、参考になるでしょう。心の底では嫌と思っていても「yes」を言わせて、その嘘を相手に信じこませることができる人たちがいます。場合によっては、相手の方が「積極的に望んだ」という形すらとらされていることがあります。モラハラによる心理操作は、男性だけではなく女性も行えますし、現に行われていることも多いです。それが「加害」であることはもっと周知されていくべきと考えています。

 

なお、この点は、令和5年改正後の刑法176条1項8号で取り締まられていく可能性はあると思います。

 

※島本元気「「刑法及び刑事訴訟法の一部を改正する法律」及び「性的な姿態を撮影する行為等の処罰及び押収物に記録された性的な姿態の影像に係る電磁的記録の消去等に関する法律」の概要(その1)」警察公論2024年1月号

【同項8号(経済的又は社会的関係上の地位に基づく影響力によって受ける不利益を憂慮させること又はそれを憂慮していること)の「経済的……関係」は、金銭や物などの財産に関わる人的関係を意味し、例えば、債権者と債務者、雇用主と従業員などの契約によって生じる関係、取引関係にある企業の職員同士の関係などが広く含まれる。
また、同号の「社会的関係」は、家庭・会社・学校などの社会生活における人的関係を意味し、例えば、祖父母と孫、おじ・おばとおい・めい、兄弟姉妹などの家族関係のほか、上司と部下、先輩と後輩、教師と学生、コーチと教え子、介護施設職員と入通所者といった関係が広く含まれる。
「経済的又は社会的関係上の地位に基づく影響力によって受ける不利益」とは、行為者との性的行為に応じなければ、行為者の経済的・社会的関係上の地位に基づく影響力によって被害者自らやその親族等が受ける不利益を意味し、例えば、
○ 従業員である被害者が、その仕事の有無や内容等に影響を及ぼし得る地位にある会社の社長による性的行為に応じなければ、当該社長の地位に基づく影響力ゆえに、仕事を得られなかったり、希望しない仕事をさせられたりする
○ 被害者が、自身の所属する部活の部長を務める先輩による性的行為に応じなければ、当該先輩の地位に基づく影響力ゆえに、部活に参加することができず、試合にも出られなくなるといったことがこれに該当し得る。
同号の「憂慮」とは、被害者が前記のような不利益が及ぶことを不安に思うことを意味する。
その上で、
○ 「経済的又は社会的関係上の地位に基づく影響力によって受ける不利益を憂慮させること」は、行為者自身が、被害者に対し、性的行為の手段として、行為者自身の言動によってそのような不安を抱かせる行為を
○ 「それを憂慮していること」は、被害者が、第三者によってなされた言動や、行為者によって性的行為の手段としてではなくなされた言動により、そのような不安を抱いている場合を

それぞれ想定したものである。】

※参考

あなたの近くの危険な人物! 図解 サイコパスの話

https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784537261721

99%離婚 モラハラ夫は変わるのか

https://www.kadokawa.co.jp/product/322206000126/

※参考

草柳和之「効果的なDV被害者支援のために : 被害者ファーストを探求する」家庭の法と裁判46号(2023年10月号)

「強いられた同意」という考え方について

 

6.集団不同意性交・集団不同意わいせつ事件

大学のサークルなどで複数名が少数の女性に対して不同意性交・不同意わいせつを行う、というパターンです。首謀者はサイコパスで、周囲の男性も、被害女性も操っていることがあります。そのため、従属的な立場の人は「参加しないといけないと思った」という心理で参加していることもありますが(不同意わいせつの場合)、「言い訳だ」と批判されるので聞き出さないと黙っていることもあります。「先輩がしているから自分もしないといけない」という同調圧力を利用した手法です。再犯防止対策は、性的同意について「拒否できない環境」を作ることの問題性や、それを破ることを学生に講義する(「ノー」ということをエンパワーメントする)、「リーダー」的に振舞う人がサイコパスでないかという疑いを指導者が持つこと(外面をとりつくろうことが上手ですし、指導者側も操ろうとします)が必要です。あと、サイコパスではない場合は、その集団の「伝統」に従って、他の集団では不道徳ないし犯罪とされる「行為」をすることで結束を高めるといったパターンもあります。「悪意」はなく、むしろ「やらなければ失礼」とすら思っているパターンもあります。昭和の飲み会でのセクハラ、裸踊りをさせることなどはこれでしょう。集団に帰属させる儀式です。これは、トップが率先して廃止しないといけないものです。

 

7.青少年健全育成条例違反&児童買春

多くの場合は、不特定多数の「若い女性」と性交するためにマッチングアプリを使ううちに、児童と性交するようになるのだと思っています。「価格が安い」とか(サイコパス系の心理)、「簡単なことで喜んでくれた」、「年齢の高い女性は怖い」(女性の人格への恐怖心がある)とかありますが、いずれにしても何故彼らがそこまで不特定多数の若い女性との性交に駆り立てられるかがポイントだと思います。
サイコパスの人は「多数の若い女性と性交して妊娠させたい」という本能を、現代社会で実行しやすい形で実行しています。一方、女性恐怖の人は、他人の心を理解することが苦手で「賢い」女性を敬遠する、過去の女性関係のトラウマを上塗りしようとする、愛情に飢えた若い女性から「充電器」として頼られることで「自分が好意を持たれている」と自己肯定感を高める(教師が生徒に頼られて恋愛関係になるパターンと類似?)、とか、それぞれの人の課題があります。そういったトラウマを自覚してもらい、社会に適合的な行動をどうすればとれるか考えてもらう必要がありますし、常習化している人は、条件反射制御法で訓練してもらう必要があります。

※参考

ハンマーで殴られて漫画を描こうと思った エッセイ漫画『セックス依存症になりました。』作者インタビュー

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1806/29/news124.html

 

8.独身詐欺

現時点ではまだ性犯罪とされていませんが、いずれされるべきものだと思っています。専門外であまり事件の取り扱いはないのですが…既婚男性が、マッチングアプリで独身を偽装して不倫をしているパターンは、男がサイコパスのことが多いと思います。
既婚者とバレても、現行の日本の法制度の下では、貞操侵害の慰謝料は低いし、女性側が逆に妻から損害賠償請求を受けるリスクがあり(サイコパスは妻の心理のコントロールも巧みです)、かつ、被害者に不倫したという「不名誉」を負いたくないという心理があるので、簡単に「ヤリ捨て」しやすいからです。つまり、既婚者であることを逆に利用して、性行為でトラブルになるリスクをコントロールできる。これは深刻な問題なのですが…不貞行為の相手方に共同不法行為責任を負わせることを望む人が多い現状では、当面変わらないのだろうと思います。

このあたりの行為をする男性は、男尊女卑でこういう行為をしていると誤解されることもありますが(そう指摘されたらそう認めるかもしれません。そうであれば「社会のせい」であり「反省」で変わったとアピールできるので)、実際は、サイコパスの「唯我独尊」だと思っています。相手の女性に夫がいる場合は、逆襲される危険性があるから慎重になっているだけです。見分けるのは難しいですが…サイコパスは、性別問わず、周囲の人に対して、柔和な態度を取るか、怖い態度を取るかなどを自分の都合だけで計算して演じています。自信をなくして弱っている女性に「優しい男性」「理解ある男性」「頼りになる男性」を擬態して肉体関係に持ち込み、そのこと自体で相手を縛ったりします…不倫している時点でその人間性は明らかなのに自分で自分を騙すようにあやつります。

 

 

※参考

法務省 研究部報告55
性犯罪に関する総合的研究

https://www.moj.go.jp/housouken/housouken03_00084.html

118頁

【性犯罪者類型ごとの性格特徴は次のとおりであった。
単独強姦型及び強制わいせつ型では,他人の評価を気にし,自分の能力や行動に自身を持てない傾向があった。
集団強姦型では,顕著な特徴は認められなかった。
小児わいせつ型,小児強姦型及び盗撮型では,神経質で心気症傾向(自分の心身の変化に敏感であったり,ささいなことにこだわり,元気をなくすといった傾向)があり,気分が沈みやすく,自信もない傾向が見られた。また,偏狭なものの見方をする傾向も認められた。
痴漢型では,他人の評価を気にし,自分の能力や行動に自信を持てない傾向や,ささいなことで気が沈みやすい傾向が見られた。】

121頁~

【ウ 性犯罪者類型別
再犯調査対象者について,性犯罪者類型別に再犯率を見ると,4-4-3図のとおりである。性犯罪者類型によって,刑に処せられた者の割合や調査対象事件の裁判確定から5年が経過した時点においても服役中の者の割合に偏りがあるほか,出所受刑者に関しては,再犯可能期間に長短があることを考慮に入れる必要があるが,全再犯率は,痴漢型が最も高く,次いで,盗撮型,小児わいせつ型,強制わいせつ型,小児強姦型,単独強姦型の順となっており,集団強姦型が最も低かった。性犯罪再犯率に限っても同様の傾向が認められた。なお,性犯罪再犯(刑法犯)の再犯率が最も高いのは,小児わいせつ型であり,その再犯の内容を性犯罪者類型に当てはめてみると,9人のうち8人の再犯が小児わいせつ型に該当した。
同様に,再犯調査対象者について,性犯罪者類型別の再犯率を,出所受刑者,保護観察付執行猶予者,単純執行猶予者の別に見ると,4-4-4図のとおりである。
ここで,調査対象事件で実刑に処せられた者について,調査対象事件の裁判確定から5年が経過した時点における出所受刑者の占める割合を性犯罪者類型別に見ると,大半の者が出所している類型(強制わいせつ型で92.9%,小児わいせつ型で90.7%,痴漢型で99.4%,盗撮型で100.0%),半数程度の者が出所している類型(単独強姦型で51.0%,集団強姦型で61.5%),3割程度の者が出所している類型(小児強姦型で29.4%)があるほか,類型別の平均再犯可能期間においても,単独強姦型の577日から痴漢型の1,491日まで開きがあり,出所受刑者の再犯率を見るに当たっては留意する必要がある。
再犯調査対象者のうち,出所受刑者の全再犯率は,盗撮型が最も高く,次いで,痴漢型,強制わいせつ型,小児わいせつ型,単独強姦型,集団強姦型の順であった。また,盗撮型では,その他再犯の再犯率も2割弱と比較的高かった。小児強姦型の出所受刑者は10人と少数であり,再犯者はいなかった。また,再犯調査対象者のうち,保護観察付執行猶予者及び単純執行猶予者について,それぞれ性犯罪者類型ごとの再犯率を見ると,性犯罪再犯(刑法犯)の再犯率は小児わいせつ型が最も高く,全再犯率は痴漢型が最も高く,かつ,その他再犯の再犯率も痴漢型が比較的高かった。】

 

※私の刑事弁護に対する基本的なスタンスはこちらのインタビューをご覧ください。

刑事弁護に注力「非難せず、寄り添う」〜罪を犯した背景にさかのぼり人生の再出発をサポート 誠実さをモットーに全ての案件に「手作り」の意識で取り組む〜

https://www.bengo4.com/lawyer/blog/111/